くまちゃんの
アニメチックランド

徳間書店月刊アニメージュ
 (毎月10日発売)
☆ らんらんラジオコーナーを熊谷隆子が担当♪

ナビゲーター 熊谷隆子
WMP→
Play
※スマホでPLAYを押して聞けない場合は「PLAYを長押し→開く」をやってみて下さい
mp3→
Play
☆2017/4/25更新☆
番組へのmailはpost-anm@jam-st.ne.jp
●くまちゃんFMにカムバック!!
FM時代にコンビを組んでいたアシスタントのマッキ−とともにFMカオン (84.2メガヘルツ) 毎週月曜の21時〜23時"アニッくま"生放送番組でお送りします♪(再放送は毎週日曜日21時)チューイングして聴いてちょ!詳しくは http://fmkaon.comチェックし
てね。
※サイマルラジオでも聴けるよ!
前回紹介した情報
さいたまスーパーアリーナで8月25日、26日、27日に開催する
日本最大級のアニソンライブ
「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」
第1弾出演アーティスト発表!!

Tom-H@ck オーイシマサヨシ 仲村宗悟 内田雄馬 八代拓
鈴木このみ TRUE 三森すずこ 茅原実里 Machico 伊藤美来 豊田萌絵
株式会社MAGES. (本社:東京都港区、代表取締役社長:太田豊紀)は、アニメソング界のトップアーティストが一堂に会する真夏のビッグ・イベント「Animelo Summer Live 2017 ?THE CARD-」を、株式会社文化放送(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木明博)と共同で、2017年8月25日(金)、8月26日(土)、8月27日(日)にさいたまスーパーアリーナにて開催します。

◆世界最大級アニメソングイベント「アニメロサマーライブ」が13回目の開催
「Animelo Summer Live(以下、アニサマ)」は2005年7月10日(日)「Animelo Summer Live 2005 -THE BRIDGE-」(国立代々木競技場第一体育館)の開催から始まり、多くのアニメソングアーティストたちがレーベルの垣根を越えて集結し、ファンとアーティストを結ぶ架け橋としてイベントを開催し、ついに今年13回目を迎えます。
昨年の「Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-」(さいたまスーパーアリーナ)は2016 年8 月26 日(金)、27 日(土)、28 日(日)に開催、例年通り8 万1,000 人を動員し、アニソンライブフェス史上、最大級の規模を実現し続けています。13 回目を迎えた今年も、さいたまスーパーアリーナを舞台に、1 日あたり約2万7,000 人収容のスタジアムで2017年8月25日(金)、26日(土)、27日(日)の3 日間に渡る熱狂が続きます。
本年のタイトルは、「Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-」(アニメロサマーライブ ニセンジュウナナ ザ カード)です。
アニサマの次なる「カード」にご期待ください。

◆テーマ:「THE CARD」
多くのアーティストが最高のパフォーマンスを繰り出し、名曲と名演が次々と繰り広げられるアニサマ。ノンストップで展開するそのステージは、さながら次々とカードを繰り出す様にも見えます。会場を埋め尽くしたファンが、どんなカードが出てくるかを予想し、時に的中して歓喜し、サプライズにどよめき、パフォーマンスに湧き上がる。そこには無数の楽しみが存在します。
今年のアニサマも、とっておきのカードを揃えました。
アニサマを愛するすべてのプレイヤーたちへ。 “世界を遊べ!”

◆イベント概要
タイトル: Animelo Summer Live 2017 -THE CARD- (アニメロサマーライブ ニセンジュウナナ ザ カード)
日  時:2017年8月25日(金)、8月26日(土)、8月27日(日) 各日14:00開場、16:00開演
会  場:さいたまスーパーアリーナ (スタジアムモード)
主  催:MAGES./文化放送
協  賛:ANiUTa/グッドスマイルカンパニー
後  援:埼玉県 / NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン/KADOKAWA/キングレコード/GloryHeaven/
ソニー・ミュージックエンタテインメント/DIVE II entertainment/日本コロムビア/フライングドッグ/
ブシロードミュージック/ポニーキャニオン/ランティス/ロッカンミュージック 他(50音順)
協  力:さいたまスーパーアリーナ/セブン-イレブン・ジャパン/タワーレコード/ぴあ

≪出演者≫8月25日(金) Aqours/OxT/GRANRODEO/鈴木このみ/田村ゆかり/茅原実里/TRUE/Pyxis/Machico/Minami 他(50音順)

≪出演者≫8月26日(土) アイドルマスター ミリオンスターズ/i☆Ris/蒼井翔太/angela/スフィア/中島 愛/fhana/fripSide/三森すずこ 他(50音順)


≪出演者≫8月27日(日) アイドルマスター SideM/小倉 唯/SCREEN mode/TrySail/春奈るな/水樹奈々/水瀬いのり/ミルキィホームズ/LiSA 他(50音順)


◆チケット情報
料 金:全席指定 / 前売¥8,700(税込・各日)

◇第一弾先行
≪アニサマ2016Blu-ray初回封入特典限定 チケット先行抽選予約≫
各公演、最大20,000枚(アリーナ席、200レベルスタンド席)の最速チケット先行抽選予約を実施致します。
アニサマ2016 Blu-ray封入用紙記載のシリアルナンバーで、1公演のみ2枚までの受付となります。
受付期間:2017年3月29日(水) 12:00〜4月10日(月) 12:00まで
当落発表:2017年4月14日(金) 18:00頃 (予定)
◇第二弾先行
≪ANiUTa会員限定 チケット先行抽選予約≫
2017年3月24日よりサービスを開始した、アニソン定額聴き放題配信サービス『ANiUTa』の会員限定先行抽選を実施致します。会員お一人様につき、1公演4枚までの受付となります。
受付期間:2017年4月17日(月)12:00〜5月8日(月)12:00まで
当落発表:2017年5月12日(金)18:00頃 (予定)
◇一般発売
発売日:2017年7月2日(日)10:00
公演及びチケットに関するお問い合わせ:チケットポート TEL:03-5561-9001

劇団ムーンライト ワークショップ開催!
劇団ムーンライトではアニメのアテレコを中心としたワークショップを開催しています。

※申し込みメールアドレス、対象年齢が変更されました!!

当劇団主宰でもある声優:野沢雅子と一緒にアテレコ体験をしてみませんか!
※スケジュール等の都合により、当日、講師の変更になる場合があります。何卒ご了承ください。


初心者でも大丈夫
声優やアテレコに興味のある方
見学自由


内容
 アニメのアテレコの基本的な説明から実際のアテレコ収録を体験できます。

対象
 ※高校生以上の方。

開催日時
 毎週日曜日 18:00〜20:00 (開場は17:45〜)

料金
 1回3500円 (当日受付にてお支払いいただきます)

注意事項
 スケジュール等の都合により、講師の変更になる場合があります。
 講師の変更は参加者に事前に通知しますが、当日変更の可能性もございます。
 キャンセルの場合はメールにてご連絡ください。当日キャンセルも可能です。
 ご理解の上、お申し込みください。

場所
 劇団ムーンライトアトリエ
 東京都杉並区荻窪5-16-15 山陽ビルB1F

お申し込み方法
 事前に以下の内容を明記してメールにてお申込み下さい。
 1.氏名(ふりがな)
 2.年齢
 3.連絡先(携帯番号)
 4.参加希望日
 5.ワークショップ参加 or 見学希望

 定員に達した場合はお申込み頂いた順番で受付けます。
 ご予約できるワークショップのお申込み締切りは、前々日の金曜日20時迄です。 (例:3/19(日)のワークショップの締切りは3/17(金)です。
 ※受付完了の連絡は、締切りのあと、土曜日中にメールいたします

メールアドレス
 劇団ムーンライト
 Mail:gekidanmoonlightworkshop@gmail.com
 ※メールアドレスが変更になりました。ご注意ください。
 ※gekidanmoonlightworkshop@gmail.comからメールが受け取れるように、設定をお願いします。

お問い合わせはメールにてご連絡ください。

■東京アニメアワードフェスティバル■

功労部門 受賞のみなさん
松本零士、前川陽子、増山江威子 (敬称略)

日程 2017年3月10日(金)〜13日(月)
会場:池袋の5会場(新文芸坐、シネマサンシャイン池袋、池袋シネマ・ロサ、池袋HUMAXシネマズ、シネ・リーブル池袋)他
  ※市ヶ谷(DNPプラザ)、飯田橋(アンスティチュ・フランセ東京)、
荻窪(杉並アニメーションミュージアム)では、会期前にワークショップ・上映イベント等を実施

その他詳細はTAAF2017公式HPをご覧ください。
公式HP:http://animefestival.jp/ja/

3/11(土)神山祭in TAAF 2017@シネマサンシャイン池袋

原作・脚本・監督 神山健治
『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』

神山健治とI.G石川光久が、
神山が手がけたテレビシリーズ第1話を上映生コメンタリー
神山「攻殻機動隊というビッグタイトルをやってみないかと言ってもらった」
石川「誰よりも監督としての背中を見せて、諦めない人」


神山監督とProduction I.G 石川光久社長によるコメンタリー付き上映会&トークセッション
『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』など、重厚な世界設定を構築しその中で人間ドラマを描いてきた神山健治監督初の劇場オリジナルアニメーション『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』。
物語の主人公はいたって平凡な女子高生。特技といえばどこでも眠れることくらい。そんな彼女が、ある事件をきっかけに東京へ旅をすることに。大きな冒険の末に見つけた小さな真実とは・・・。今より少し先の未来を舞台に、夢と現実がスリリングにクロスするロードムービーが誕生しました。

主人公ココネを演じるのは多くのドラマ、映画で注目を集める女優の高畑充希。そして満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介といった実力派が勢ぞろい。さらに主題歌は“夢”と“去った人への想い”を歌った名曲「デイ・ドリーム・ビリーバー」を森川ココネ(声=高畑充希)が歌っています。
3月11日(土)に開催した神山祭in TAAF 2017と銘打った生コメンタリー付き上映会では、Production I.G 石川光久社長と秘蔵トークを繰り広げました。

◆攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX
<TVシリーズの攻殻機動隊を受けるきっかけ>
石川:もともと人気の作品でしたし、その新たなTVシリーズを作るってなったときに、話を受けたきっかけは何だったんですか
神山:「攻殻機動隊」ってTVシリーズ向きだなっと思ったんです。いろんなエピソードが作れそうだなと刑事ドラマとしてTVシリーズに向いているなと思ったんです。押井さんの映画とは違うスタイルで作れるなと。だからワクワクしましたね。盟友西尾鉄也にも、俺は『イノセンス』を作るから手伝えないんだけど、やめておけと言われましたね。大変だよって心配してくれました。
石川:話を作ることが面白いなとTVシリーズということで、話を作れる人がいいなと思いましたね。
押井さんの映画はどちらかというと世界観で伝える感じですけど、神山さんはストーリーを伝えるというかキャラクターを伝える感じですよね。タチコマのバディものとしての扱い方も素晴らしいなと思いましたね。
神山:この時期はたくさんアイディアがあったので話を作らせてほしかった。52本映画(神山が手掛けたテレビシリーズの総話数)を作らせてもらった感じですね。楽しかったなと思いますね。

◆精霊の守り人
神山:「攻殻機動隊」の後に何やるって話になったとき、SF作品が続くのはと思って、選んだのが「精霊の守り人」でしたね。
石川:意外な作品選ぶなと思いましたよ。
神山:TVシリーズでこのクオリティはすごい、「攻殻機動隊S.A.C」の半分の時間で作ってますからね。
また同じスタッフで作ったので、いろんな練度は上がっていますね。

<アフレコについて>
神山:安藤麻吹さんが素晴らしかった。30代のキャラクターを演じられる人がなかなかいなくて、
50人くらいはオーディションしたんです。また精霊はアフレコが非常に緊張感があって、みんなどんどんNGを出さなくなっていって。最終話あたりはほぼ1発撮りだったんですよね。1発撮りは僕も今までで初めてだった。

◆東のエデン
神山:2009年「東のエデン」は初のオリジナル作品。冒頭のシーン(米ホワイトハウス前での森美咲の登場シーン)は、異国に来た雰囲気を出したかったので、字幕を入れなくて正解でした。
滝沢と森美は100人ずつ声を聴いて、滝沢のドS感が声から感じたのは、木村良平くんだけ。声にドS成分がたっぷり入っていました(笑)。森美役の早見沙織さんも本当に天才。この当時16歳とかで森見と一緒だったんですよね。

石川:神山さんと羽海野チカさん(キャラデザイン)は不思議な縁がありますよね。羽海野チカさん原作の『3月のライオン』と神山監督の『ひるね姫』の公開日も偶然一緒になりました。
神山さん:たしかにそうですね。ただ2本とも見て頂くとして、ぜひ先に『ひるね姫』を見てほしいですね。

◆最後に一言
監督は、TVシリーズ上映会を終えて、
「どういう風に作品を作っていこうかなと思った時に、攻殻機動隊というビッグタイトルをやってみないかと声をかけてもらった時のことを思い出します。あれが35歳の頃で、気がついたら今年51歳なんですよね。頑張って作ってきてよかったです。こうやって形になって残ってくれているのは嬉しいですし、誇らしい気持ちになります。」としみじみ語り、石川社長は
「神山さんはすごく家庭に対する愛情が人一倍強いんですけど、仕事が入るとすぐスタジオに入るんですよね。誰よりも監督としての背中を見せていて、諦めない人ですから。そういう姿勢が全てフィルムの端々に入っているので、そういう部分を含めてみてほしい。」と笑顔で2日間にわたるイベントを締めくくりました。

◆原作・脚本・監督:神山健治 ◆キャスト:高畑充希、満島真之介、古田新太、釘宮理恵、高木渉、前野朋哉、清水理沙、高橋英樹、江口洋介ほか
◆音楽:下村陽子 ◆キャラクター原案:森川聡子 ◆作画監督:佐々木敦子、黄瀬和哉 ◆演出:堀元宣、河野利幸
◆制作:シグナル・エムディ ◆配給:ワーナー・ブラザース映画 c2017 ひるね姫製作委員会
公式サイト:http://www.hirunehime.jp 公式twitter:https://twitter.com/hirune_hime  公式LINE:シグナル・エムディ

劇団ふくわらい 第30回本公演
人情時代劇「浪花の夢草紙」

作/北野ほたる 演出・美術/瀬良辰彦
日時 2017年3月30日(木)〜4月2日(日)
場所 劇団ふくわらいアトリエ『おもかげ劇場』
料金 料金: 前売3,000円 当日:3,500円 ※全席自由・日時指定・飲物付き
詳しくはオフィシャルHPにてご確認ください。

TAP -THE LAST SHOW-
6.17[SAT] ROADSHOW
tap-movie.jp

【フル】
水谷 豊
北乃きい / 清水夏生
西川大貴 HAMACHI 太田彩乃 佐藤瑞希 さな
六平直政 / 前田美波里
岸部一徳

【一行組】
水谷 豊 岸部一徳 北乃きい 前田美波里 六平直政 清水夏生

(C)2017 TAP Film Partners
リンク
ゲーム
アイレムソフトウエアエンジニアリング
スクウェア・エニックス
テクモ
capcom
バンダイナムコ
アークシステムワークス
レベル5
コナミ
D3パブリッシャー
X-Box
CESATGS
 
アーティスト
JAM Project
宮内タカユキ
美郷あき
喜多修平
松本梨香
水木一郎
串田アキラ
遠藤正明
松澤由美
Voix Douce
石田燿子
さかもとえいぞう
米倉千尋
きただにひろし
島涼香
近江知永
野川さくら
アニメタル
サイキックラバー
クリヤ・マコト
SOLID VOX
ランティス
アニメジャパンフェス
バースデーソング
 
 
声優・俳優・劇団・舞台
劇団すごろく
劇団ムーンライト
劇団ふくわらい
深川とっくり座
劇団軌跡
ザ・スカーフェイス
徳永愛
速水奨
緒方恵美
 
TV, 映画
東映
 
ほか
月刊アニメージュ
アニメイト
キャラホビ
JAM STATION